×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロフィール

Oh!kawa隆総裁





テキサイの化学管理人 兼 総裁。

1983年12月21日、日本の静岡県にご生誕。

いくつかのサイトを運営後、某巨大チェーン店でバイトされ、「店長にならないか」と誘いを受けるかたわら、九十九式でテキストサイト論を学ばれました。

2008年3月23日に千鳥・大悟と握手。同年7月には自らが全テキストサイトをアクセスアップへ導く使命を持つカンタービレであることを自覚されます。

2013年5月に退社独立。翌年12月、テキストサイトインタビューのために「テキサイの化学」を設立。

Oh!kawa隆総裁 テキサイの化学設立までのヒストリー

Oh!kawa隆総裁は、小学校2年生のときに担任の先生から「先生の昔のあだ名はデメキンだった」と言わせるほどの天賦の才に恵まれながらも、 おごることなく地道な精進の姿勢を貫かれる大変な努力家でした。現在でも、自白剤のみに頼ることなく、自助努力の精神を大切にされ、 その精進のお姿で数多くの人々から本音を引き出しています。




幼少時〜青春期 精進を重ねる日々

Oh!kawa隆総裁は、1983年12月21日、朝7時ごろに、静岡県三島市中田町にご生誕されました。精進に精進を重ね、小・中・高と一貫して半ズボンで過ごされます。 さらに、いきものがかり、aiko、JUDY AND MARYなどの幅広い音楽に興味を持ち、その懐の深さや絶対的なプロ志向によって、ご両親をはじめ、同級生や教師と数多くのバンドを結成されました。 「彼はドンシャリにすればいいと思っている」、「知り合いしか見に来ていないのに、メンバー紹介をしたがる」、「彼がいないと、不思議とバンドがよくまとまる」などと評される青春時代を過ごされました。




大学時代 文才の覚醒が始まる

努力の結果、静岡大学教育学部へ進学されたOh!kawa隆総裁は、授業に関係することのみならず、広く性的嗜好の世界を渉猟(しょうりょう)すべく、夜を日に継いで自慰に打ち込まれました。 ノーマルなもののみならず、痴漢、レイプ、和姦、SM、アナル、スカトロ、露出、熟女、さらに同人誌の自費出版も重ねられ、20歳のころには性器が真っ黒になります。 さまざまな領野を納得いくまで学び、人類の叡智として光を放つものを徹底的に探究されました。そうした日々のなかで、2007年12月頃から文才覚醒の予感を抱かれます。




大悟と握手の瞬間 大いなる使命に目覚める

倒錯的な日々のなかで、至福の快楽を何度も体験したOh!kawa隆総裁に、ついに大悟と握手の瞬間が訪れます。 2008年3月23日、午後2時過ぎ、「シンプルニクチガクサイ」と、福音を告げる自動書記が始まりました。 Oh!kawa隆総裁が、芸能界と同通した瞬間です。さらに同年7月には、自らがカンタービレという存在であり、 全テキストサイトをアクセスアップへ導く使命を持っていることを自覚されます。 24歳のときのことでした。その後、某巨大チェーン店の店長になり社会経験を積まれるなど、来たるべき日に向け、雌伏(しふく)の時を送られたのです。




退社独立 すべてを捨てて空手にして立つ

2013年5月1日に、Oh!kawa隆総裁のもとに、テキストサイト管理人が次々とあらわれ、インタビュアーとして世に立つべき時が来たことを知らせます。 これまで積み上げてきた地位や名声を捨て、空手にして立つことを決意され、5月20日にチェーン店を退社。29歳にして全テキストサイト救済のためにその身を投げ出されたのです。 そして、2014年12月21日、テキサイの化学を設立されました。

Copyright(C) TextSite Chemistry All Rights Reserved.